こんばんは!

今年はだいぶ花粉が多いみたいですね…。テレビでイメージとか言ってバサバサ花粉を出してる映像は見てるだけで鼻がかゆくなるんで、マジで流さんで欲しいです。

今回は水性ペンキの汚れです!
シミとは時間の経過や外部環境などで繊維と結合してしまったものなので、今回のケースは"汚れ"と言うべきでしょう、多分。

ビフォー
※また写真撮り忘れそうになって、途中から撮りました。

途中経過です。
溶けて散り散りになったペンキの細かいのがかなりしぶといです。

アフター

こちらでシミ抜き代¥1,200です。

セーターの繊維(アクリル100%)を溶かしたり損傷を与えかねない薬品ですので、慎重にペンキのみを溶かして細かく残った顔料も根気強く濯ぎ出しました。

ニットの特性なのか、水性の割になかなか骨が折れる作業でした。