こんばんは!

2/25スタートのおひなさまめぐりも昨日で無事終了し、一息つきました!

さて、今日の事例紹介は家庭でボールペンを入れたまま洗ってしまった時のインクのシミです。業界用語ではインクの爆発と言ったりします。

僕はサラリーマン時代よくやってました汗

取れないと思って当時は泣く泣くインクの爆発したワイシャツは捨ててましたが、ほぼ目立たなくすることはできます!(インクの種類によっては完全に除去することもできたり、逆に除去できないこともあります。)

過去にもインクの爆発のシミ抜きは何度かしましたが、時間と労力が物凄くかかり軽くトラウマになってたので、今回はより効率良くとるためクリーニングの諸先輩方にアドバイスを頂きながらのシミ抜きでした!大変勉強になりました。ありがとうございました!

ということで、

ビフォー

アフター
シミ抜き料金は1,000円です。

薬品と気合でなんとか目立たなくは出来ました!

しかし、インクの種類、濃さ、色、インクの付着した衣類の繊維組成、布地の厚さなど条件によっては取れにくかったり取れなかったり、繊維によっては薬品で溶けるためシミ抜き自体が出来ない場合もあります。