今回はありそうでやってなかったアイテム別クリーニング工程の紹介です💪


初回を飾るのはスーツ(背広上下)です!
私自身スーツを着るのが好きなので、どうやったらかっこよく決まるか考えながらやってます。笑
でもそのおかげか、スーツの仕上げをほめていただくことが多いのでとても嬉しいです😊


その工程ですが、お客様からお預かりしたらまずは検品です。
シミやほつれ、破れがないか、ボタンはすべてあるか、洗ったら割れそうなボタンはないか、ポケットにお忘れ物がないか...などなど。

IMG_7302
↑検品中。


IMG_7303
↑検品終了!洗う前にはすべてのボタンに必ず保護カバーを付けます。スーツのボタンと言えども、そのスーツにあった色味、柄、材質のボタン、オーダーだとお客様が選ばれたボタンが付いています。洗浄中にそのスーツの大切な一部であるボタンを割ることは許されません。

検品、ボタンなどの飾りの保護が終わったら洗浄です。

こちらのスーツは汗汚れなど目立った水溶性の汚れがありませんでしたのでドライクリーニング処理しました。


ドライクリーニングについてはこちらをどうぞ↓
ドライクリーニングってなに??
こちらはおべべのドライクリーニングの解説です↓
おべべのドライクリーニング


洗いあがるとアイロンで一点一点仕上げます

IMG_7310
↑「スーツは肩で着る」という言葉があり、これはスーツを選ぶ際のサイズを言うときに使われますが、私は仕上げでも同じだと思います。肩も視界に入りやすいため超重要だと考えています。
馬たち
↑”馬”と呼ばれる道具を衣類の種類やサイズに合わせて使い分けます。スーツの肩は左端の”肩馬”を使って立体的に仕上げます。

IMG_7413
↑裏地もしっかりと仕上げます。

FullSizeRender
↑私の最もこだわりの強いラペル(襟の折り返し)部分です。

FullSizeRender
↑ジャケットが終わったらズボンです。ポケットももちろんアイロンをかけます。

FullSizeRender
↑ズボンのお尻部分は立体的に丸く仕上げます。

FullSizeRender
↑一方ズボンの筒部分は、バシッとシャープに仕上げます。

そして上下ともに仕上がったら、ジャケットのシルエットをキープするしっかりしたハンガーに掛けます!
気合を入れて洗って仕上げて、その仕上がり写真がこちら!
どうぞッッ!

・・・といきたいところですが、超肝心な仕上がり品の写真を撮り忘れてお客様にお返ししてしまいました😭

ということで、写真のスーツとは違いますが、ご参考に別のスーツの仕上がり品を...。
背広仕上げラペル
IMG_3792
いや、我ながら本当におっちょこちょいというかどんくさいというか...。

しかしながら、仕事に関しては氣を抜くことなくやっておりますのでご安心くださいませ😁💪